キャバ嬢の違いに注目|昼キャバ・セクキャバと目的や状況に合わせて通うキャバクラを選ぼう

昼キャバ・セクキャバと目的や状況に合わせて通うキャバクラを選ぼう

キャバ嬢の違いに注目

髪を束ねる女性

大阪を代表する街、梅田でもキャバクラや昼キャバは数多く営業しています。
夜間営業のキャバクラと昼キャバは、基本的なサービス内容が一緒なため、営業時間の違いしか見られないような気もします。
しかし、よく見てみると、在籍している女の子のタイプが若干違うのです。

夜のキャバクラでは、どちらかというと派手な女の子たちが在籍しています。
明るい髪色、派手な装飾品などが特徴的で、男性との会話にも慣れた様子を感じます。
一方、昼キャバに在籍している女の子はというと、夜のキャバクラに比べて少しおとなしめな子が多くなっています。
化粧や装飾品も控えめで、清楚なタイプの子が多くなっています。
これは、夜に仕事ができない学生などが働いているためで、自然と昼キャバの方が在籍している女の子が清楚な雰囲気になるのです。
好きな女の子のタイプから夜か昼かを選ぶというのもいいでしょう。

また、夜の仕事が厳しいのは学生だけではありません。
人妻となった女性も、旦那のいない昼間にしか働けないことが多いため、昼キャバで仕事をするケースがあります。
そのため、夜のキャバクラと違い、昼キャバには人妻専門店などもあります。
最近は人妻や熟女といった大人の女性も人気を集めており、大人の色気や落ち着いた雰囲気が特徴的です。
また、中高年男性が利用する場合、同年代の女性の方が話は合いやすく、そういった意味でも人妻・熟女目当てで昼キャバへ通う男性は多いのです。