昼キャバ・セクキャバと目的や状況に合わせて通うキャバクラを選ぼう

さわれるキャバクラを堪能

こちらを見る女性

仕事終わりのサラリーマンがその日の疲れを癒すために通う場所。
それがキャバクラです。
お酒を飲みながら好きな女の子との会話を楽しむことができますので、仕事の疲れやストレスもスッキリ解消させることができるでしょう。
女の子たちは可愛い系からキレイ系まで、さまざまなタイプがいますし、その中からお気に入りの子を指名することもできます。
延長によって楽しい時間を延ばすこともできますので、満足いくまで女の子との会話に花を咲かせましょう。

ただ、キャバクラはあくまでも女の子との会話を楽しむための店舗であり、女の子へのボディータッチは一切禁止されています。
男性からすれば、これはなかなかの苦行。
好みの女の子がすぐ横にいて、しかも露出度の高い衣装を着ているにも関わらず、触ることができないのです。
男として生まれた以上、こういったシチュエーションで下心が生まれてしまうのは仕方のないことです。
そこで、会話以上のことをキャバクラで楽しみたいという方は、ぜひセクキャバを利用してみてはいかがでしょうか。

セクキャバもキャバクラの一種なのですが、こちらはおさわりが許されたキャバクラになります。
お酒や女の子との会話を楽しむことももちろんできますが、それ以上に女の子へのおさわりがメインのサービスとなっています。
キスや胸へのおさわりはもはや当たり前。
店舗によっては下半身へのおさわりも可能になっています。
キャバクラ以上風俗未満と表現されることも多く、お酒を飲みながら女の子の体を楽しみたいという男性にはオススメです。
ただし、風俗のように男性の性欲解消を目的にした店舗ではありません。
そのため、男性のアソコを女の子が触ることはありませんし、そもそも男性が服を脱ぐこともありません。
あくまでもキャバクラなのだということを頭に入れておきましょう。

昼間もキャバクラで遊べる

食パンをかじる女性

一般的にキャバクラは夜のサービスとして有名ですが、最近では昼間に営業している「昼キャバ」も人気を集めています。昼間からお酒や女の子との会話を楽しめるため、夜になかなか遊べない男性でも安心です。

キャバ嬢の違いに注目

髪を束ねる女性

一般的な夜のキャバクラと、最近注目されつつある昼キャバとでは、在籍している女の子のタイプに違いが見られます。昼間にしか働けない学生や人妻が昼キャバで働くことが多く、それを目的とした男性も少なくありません。

口コミなども参考に

考えこむ女性

キャバクラの店舗数は非常に多いため、その中からみなさんの目的に合った店舗を探すのは苦労しますよね。そんなときは情報サイトや口コミ情報を参考にしながら、効率よく理想のキャバクラを探していきましょう。

記事一覧

座ってポーズを決める女性 「昼キャバ・セクキャバと目的や状況に合わせて通うキャバクラを選ぼう」の記事一覧です。